Go to Main Content
T T

交通

ソウル市内に未来型バス停留所「スマートシェルター」の設置を開始

交通ニュース

ソウル市内に未来型バス停留所「スマートシェルター」の設置を開始

ソウル市は、市民の熱い関心が寄せられた未来型中央バス停留所「スマートシェルター(Smart Shelter)」のデザインと設置日程を決定した。「スマートシェルター」のデザインは、韓屋の雅やかな曲線と軒のラインを現代化した「韓国の美」を選定し、10月末からテスト設置を開始する計画だ。 ソウル市は6月10日から24日まで、スマートシェルターに関する市民の認識を高めるとともに好みのデザインを指定するためデザインを公募する「市民アイデア公募展」を実施した。ここで最終的に選ばれた「韓国の美」は、韓屋の外観と美しい曲線を現代的に再解釈したデザインで、市民投票から47.3%の支持を得た。 未来型バス停「スマートシェルター」を新しく設置することで、従来の古びて飾り気のなかったバス停が、緑地帯や四季が感じられる交通の憩いの場へと変身する。横断歩道に設置されている中央分離帯(ガードレール)を緑化し、壁面には垂直庭園を造成し、バスを待っている時間にも都心の庭園が満喫できるようにする。 特にこれまで乗下車時に感じたさまざまな不便さが改善され、快適な交通利用環境が造られるものと期待されている。従来のバス停は屋根が狭かったため、雨が降ると乗下車時に傘を開いたり閉じたりしなければならなかった。また、屋根からほこりの混ざった水が落ちてきて服が汚れたりと不便なことが多かった。実際、このような点は独自世論調査でも市民が選んだ不便事項に含まれるなど改善を要求する声が上がっていた。 このような市民の意見を反映し、屋根のデザインを改善したカスタマイズ型の設計で作り上げた。現在最も大きいサイズである新型電気バスより屋根を高めて、天気や季節の影響を受けることなくバスを覆うことができるよう、バスが停車する方向に屋根の長さを60cm延ばす。 それだけでなく、太陽光パネルを設置して再生可能エネルギーを活用するなど未来型施設の導入も本格化した。特に屋根の曲線と太陽光パネルを一体化させ、高層ビルから見下ろす都市の景観にも考慮しただけでなく、未来型デザインであることを感じられるようにした。一体感を出すために冷・暖房施設の室外機はシェルターの上部に埋め込むなど外からは見えないようにした。 ソウルの主要スポットに設置されるスマートシェルターの場合、後面にメディアファサードのようなディスプレイを設置して市政情報などを広報したり、メディアアート・グラフィックを展示するなど屋外デジタルギャラリーの効果も演出する。単なる交通施設や構造物ではなく、さまざまなイベントやメッセージを市民に伝えることで、市民が楽しめる文化空間として生まれ変わると期待される。 さらに、新しいスマートシェルターは、すべての市民が生活の利便性を感じることができるよう交通福祉を実現する。利用する人が性別・年齢・障がい・言語などによって利用に不便を感じることがないよう設計するユニバーサルデザイン(universal design、普遍設計、普遍的な設計)を実現することで、従来の交通環境の限界を越えて、市民の暮らしに直接的に変化をもたらすものと期待される。 例えば、交通弱者である障がい者が乗車待機ボタンを押すと、低床バスの到着予定時間の案内とともに、バスの運転手にもスマートシェルターに障がい者の乗客が待っていることを知らせる。また外国語での案内や、視覚障がい者のための音声案内サービスなども提供される。さらには、女性が安心して利用できるように防犯カメラと非常ベルを設置し、それを押すと近くの警察地区隊で対応できるようにする計画だ。 入札及び契約の手続きが終了する10月末からテスト設置を開始する候補地は計10か所。これにコンハンデロに新設されるBRT中央バス停留所の2か所を追加する予定だ。このうち早いところは12月には完成し、1~2か月間のテスト運営を行った後、安定化の期間を持つことになる。 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、室内型シェルターは最低1か所のみ設置する予定である。ここでは利用時にもマスク着用を義務化する。徹底した防疫・消毒を実施するだけでなく、スクリーンドアを随時開放して換気したり、フォロプラズマ空気殺菌器、体温測定器なども設置してウイルス感染を予防し、公共交通機関を安全に利用できる環境を整える予定だ。
ソウル地下鉄、平日も自転車持ち込み乗車が9月1日から可能に

交通ニュース

ソウル地下鉄、平日も自転車持ち込み乗車が9月1日から可能に

9月1日からソウル地下鉄7号線には週末と祝日だけではなく、平日も自転車を持って乗ることができるようになった。 ソウル市は7月に自転車スタンドを装着したタクシーの試験運営を行ったことに続いて、地下鉄7号線では平日の自転車持ち込み乗車を始めた。また、9月中に市内バスも試験運営を開始すると、公共交通機関-自転車間の連携が一層強化される転機となることを期待している。 9月1日から10月31日までの2か月間、「平日の地下鉄自転車持ち込み乗車」の試験運営を本格化する。 自転車持ち込み乗車は、通勤時間帯の混雑を防止するため、午前10時~午後4時まで可能。自転車スタンドが設置してあるか、広いスペースがある地下鉄の一番前と後ろの車両が利用できる。ただし、スペースをあまり必要としない折りたたみ式自転車は、曜日と号線を問わず常時持ち込み可能だ。 ▲ 自転車スタンドが設置されている車両の様子 ▲ 自転車の持ち込み乗車が許可されている一般車両 特にこの期間中は、キョンチュン(京春)線(KORAIL)サンボン(上鳳)~チュンチョン(春川)区間でも「平日の自転車持ち込み乗車試験事業」を行っており、ソウルからチュンチョン(春川)まで自転車を持って地下鉄で移動することができる。 ソウル市は本格的な試験運営に先立ち、地下鉄利用客の不便を最小限に抑えるため、テリム駅やイス駅など6か所の主要拠点駅で施設の改善を行った。自転車を持って楽に階段を上り下りできるように、自転車傾斜路を設置し、図入り案内板などを設置して自転車の利用者と一般乗客との動線を徹底して区別している。 ▲ 駅舎内(左)、外のポールサイン(真ん中)、車両内(右)に設置された自転車持ち込み乗車に対する図入り案内板 ▲ 7号線駅舎内に設置された自転車傾斜路の様子 また、地下鉄駅舎内のポスターと案内放送で、試験運営を行う路線と利用時間を案内している。ソウル交通公社の公式アプリケーションと公社ホームページで自転車傾斜路がある出口と乗換駐車場の位置を案内し、混乱を最小限に抑える予定だ。 試験運営により地下鉄利用者など市民の意見を集め、他の地下鉄運営会社など関係機関との協議を経て、他の路線への拡大を検討する計画だ。ソウル市は自転車が生活交通手段となり始めた新型コロナウイルス感染症の発生前から、「自転車にやさしい都市」の構築を多角的に推進していた。 6月にソウル全域の東西南北を結ぶ自転車の大動脈を構築する「CRTコアネットワーク推進計画」(2020年6月)を発表し、コア戦略の一つとして公共交通機関に自転車持ち込み乗車ができる様々な案を推進している。 従来の道路環境を考慮して自転車道路を最大限構築し、残りの区間は公共交通機関と連携する方法で推進する予定だ。ソウル市は7月にマカロンタクシー(macaron TAXI)と協力して、環境にやさしい電気タクシー10台に自転車スタンドを装着した「自転車を抱くタクシー」の試験運営を開始した。バスは9月中に試験運営を開始する。 ▲ デンマークのコペンハーゲンで運営しているS-TRAIN(写真提供:State of Green)
ソウル市、自転車道路を整備して自転車用の通勤路を作る

交通ニュース

ソウル市、自転車道路を整備して自転車用の通勤路を作る

来年の春になると、チョンゲチョン(清渓川)のスタート地点であるチョンゲ(清渓)広場からトンデムン(東大門)区コサンジャギョ(古山子橋)(2号線ヨンドゥ駅近隣)まで、ノンストップで走ることができる往復11.88kmの自転車道が開通する。最近、新型コロナウイルス感染症の影響により自転車で通勤する人口が増加傾向にある中、都心の自転車の通勤路がさらに速く、便利になる。 チョンゲチョンロの自転車道が造成されると都心からチュンナンチョン(中浪川)、ハンガン(漢江)に至る東西軸の幹線網が完成することになる。ソウル市は今後、ソンブクチョン(城北川)、チョンヌンチョン(貞陵川)自転車道路と結ぶことにより、自転車道路の幹線網を東北圏まで拡大する計画だ。 9月7日(月)に「チョンゲチョンロ自転車道路」造成工事を開始し、2021年4月までに完了して正式に開通することが目標だ。 工事はチョンゲ(清渓)広場~コサンジャギョ(古山子橋)に至るチョンゲチョンロの直線区間、5.94kmを対象とする。チョンゲチョン(清渓川)を挟んだ両方向(南・北側)に、全長11.88kmで一周する都心循環型の自転車専用道路(CRT)だ。 ※CRT(Cycle Rapid Transportation):ソウル自転車道路の幹線と支線網を他の交通手段とぶつからず、安全で速く移動できるように造成する自転車専用道路ネットワーク網 ソウル市は現在940kmの自転車道路を、2030年までに計1,330kmまで段階的に完成させ、ソウルを「自転車で1時間の生活圏」にする目標を立てている。 とりわけ、ソウル市は既存の車道には変化を与えず、車道と完全に分離した自転車専用の空間を作ることに注目している。 このために各区間別の道路条件と状況を考慮して、カスタム型の戦略を立てた。例えば、車道のすぐ隣にあって危険な従来の「自転車専用道路」は、歩道と同じ高さに上げて車道と分離する。 事実上、自転車道としての機能ができなかった「自転車優先道路」区間は、車道の幅を維持したまま、安全通行路を塞いでいる街路樹を植え替えるなどの方法で空間を確保し、「自転車専用道路」を造成する。 車の移動が少ない夜間の時間帯(22時~翌日6時)に工事を行い、区間別の状況や秋夕などの時期的な条件を総合的に考慮して時期をずらすことで、工事による市民の不便や渋滞を最小限に抑える計画だ。 また、総合交通対策が抜け目なく行えるように管轄の警察署と協業システムを構築し、工事の進行および交通量に関する情報を共有し、突発状況が発生した場合は市民の苦情が迅速に解決できるように対応する。
公共交通機関でのマスク着用徹底のため、アプリ通報制を導入

交通ニュース

公共交通機関でのマスク着用徹底のため、アプリ通報制を導入

公共交通機関でのマスク着用が義務化されたが、マスク未着用による揉め事や運輸従事者に対する暴言・暴行事件が続発していることを受けて、ソウル市は、市民の間における衝突を予防し、マスク着用文化を定着させるため、強力な特別対策を開始する。 ソウル市は8月3日(月)から「トタ地下鉄」アプリに通報機能を追加した。地下鉄内でマスクを着用していない乗客を発見した場合、アプリからすぐに通報することができる。 マスクを着用していない乗客を通報すると、位置情報を確認してから、地下鉄保安官が直ちに出動して迅速に措置をとるようになっている。地下鉄保安官の指示に従わない場合や、地下鉄保安官に暴行を加えた場合は、過料を科すなど情状酌量せず強硬に対応する計画だ。 「マスク未着用の場合、地下鉄・バスには乗車禁止」という認識を定着させられるよう、27日から1か月間、大々的なキャンペーンも並行して行う。流動人口が多い乗換駅や主要バス停留所などで広報活動を行い、地下鉄駅舎・列車、バス車内のテレビ、バス停留所のBIT(バス情報案内端末機)など、映像メディアを通じて「マスクの着用義務」に関する広報・案内を拡大する。 コールセンターの電話による通報は、市民の利便性を考慮して27日(月)から「マスク未着用通報」の短縮番号を新設する。各運営機関のコールセンターの番号は、▴1~8号線 ☎1577-1234、▴9号線 ☎2656-0009、▴ウイシンソル(牛耳新設)軽電鉄 ☎3499-5561だ。 地下鉄保安官の指示に従わない場合、「鉄道安全法施行令」に基づいて過料が科せられる場合がある。マスクの着用を拒否した後に、駅員や地下鉄保安官などに対する暴行が発生した場合は、情状酌量せずに強硬な措置をとる計画だ。 鉄道安全法施行令第64条(過料賦課基準) 鉄道安全法施行令第64条(過料賦課基準) 違反行為 根拠条文 過料額 1回違反 2回違反 3回以上 法律第49条第1項に違反して、鉄道従事者の職務上の指示に従わない場合 法律第81条第1項第14号 25万ウォン 50万ウォン 100万ウォン バスでも27日から約1か月間(7月27日~8月24日)、毎週月曜日の出勤時間帯におけるバス内のマスク着用義務キャンペーンを大々的に行う。 ソウル市やバス組合、市内バス65社およびマウルバス139社などで約2,400名が参加し、流動人口が多い主要バス停留所87か所で集中的にキャンペーンを展開する。