Go to Main Content
T T

教育/女性/児童

「第1号拠点型わが町のキウムセンター」、12日に試験運営を開始

教育/女性/児童ニュース

「第1号拠点型わが町のキウムセンター」、12日に試験運営を開始

ソウル市は、子どもたちが日常においてさまざまなアートに触れ、思う存分遊び、休むことのできる環境を提供するため、「第1号拠点型わが町のキウムセンター」を、12日(月)から試験運営を始める。 拠点型わが町のキウムセンターは、ソウル市ではじめて取り組むフィンランドのアナンタロ型の学童ケア施設で、多様な文化・芸術・体育プログラムを運営する計画である。利用料はすべて無料。当該センターは、従来の学童保育施設の従事者や利用する子どもたち‧保護者の「思う存分走り回り、遊べる空間」と「文化・芸術・体験」へのニーズに応えるために取り組んできた事業である。 第1号拠点型キウムセンターは、周辺環境、アクセス性、近くのケア施設の現状などを検討し、地下1階・地上5階の規模で建てられた。 韓国ではじめてフィンランドのアナンタロ型教育方法を導入することで、遊びと休みを通じて子どもたちが自ら目標を設定するようにし、動機づけや集中力の向上、社会的共感能力などを育てることができる環境づくりを目指している。 ▴スイングスツール、▴移動式本棚、▴プレイマットなど、学び・論理・遊びというテーマに沿ってデザインされたカスタマイズ家具が備えられている。子どもたちが自らその機能と造形をつくって使用することで、子どもたちの独創性と問題解決能力を引き出すとともに、センターで行われるプログラムを補助する役割を担う。 施設は、多目的体育・遊戯室、ケア・遊び空間、料理教室、メーカーズ室など10室の活動室で構成されており、子どもたちに身近に感じてもらえるよう、各室の名前は子どもの目線に合わせて名づけられている。 試験運営で進められるプログラムは、ポストコロナ時代に合わせて▴小規模、▴非対面、▴オンライン形式で行われるよう、その開発に心血を注いできた。利用する子どもの家や他の中小ケア施設からもプログラムへ参加できる。 「拠点型キウムセンター探訪」は、利用する子どもたちに料理教室、メーカーズ室などの施設を紹介し、文化・芸術・体育プログラムを提供する。 ソウル市は、新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するため、事前予約や1プログラム当たり利用者数を10人に制限するなど防疫心得を守り、ソーシャル・ディスタンシングの段階に合わせて安全に万全を期して運営する計画である。試験運営の期間中は、中小ケア施設を利用する子どもたち向けの文化・芸術・体育プログラムを提供し、新型コロナウイルス感染拡大が緩和してからは、ソウル市民に公開する予定である。 (わが町のキウムポータル:https://icare.seoul.go.kr/icare) 試験運営の完了後、ケア資源のコントロールタワーの運営や地域社会とのコミュニケーションを大切にする、圏域の学童ケア統合システムを構築していく計画である。
2学期の外国人留学生の保護及び管理方案

教育/女性/児童ニュース

2学期の外国人留学生の保護及び管理方案

最近、国内感染による感染者数は安定しつつあるが、海外からの入国による感染者数の増加傾向が続いている。これを受け、大学の2学期の授業が開始する前に、外国人留学生向けオンライン授業の活性化や入国時期の管理などによる積極的な管理・対策に徹する必要がある。 ➀ 留学生の入国段階に応じた保護·管理を継続 (入国前) 自国での遠隔授業を勧告し、入国する場合は特定の時期に集中しないよう、分散して入国するよう誘導 (入国時) 大学や地方自治体が協力して、空港から隔離場所(自宅・寮)までの移動手段の提供や有症状者の検査・診断などを通じて、海外からの入国による感染拡大を防止 (入国後) 健康状態などを1日1回以上モニタリングし、自宅隔離期間中、積極的に検査・診断を実施するなど、体系的に保護・管理 ➁ 遠隔授業などを活用して自国でのオンライン受講を活性化 各大学は、遠隔授業を利用して、自国で遠隔授業を受講できるよう、積極的に誘導する。遠隔授業の質を改善し、学生の満足度を高めるための方法を模索するとともに、運営基準を改善していく。また、遠隔授業を受講した留学生に対し、学士の学位を認める。 ➂ 海外からの入国者に対する管理システムと連携させた入国時期の管理 大学は留学生の入国計画を策定して、これを地方自治体と共有するとともに、地方自治体の自宅隔離管理条件に合わせて入国時期の管理を施行する。特定の時期に入国者が集中すると、防疫システムの限界を超えることが予想されるため、隔離可能な場所などを確保できた留学生を優先的に入国させることで入国分散措置を取る。 ➃ 留学生の自宅隔離場所を確保、管理を強化 留学生が自宅隔離場所(1人1室の寮、臨時隔離施設、ワンルームなど)を確保した上で入国するように誘導する。また、大学側は寮や大学の遊休施設を優先的に活用するが、そこでの収容が難しい場合に備え、臨時隔離施設を確保するための努力を続けなければならない。 ➄ 留学生を保護・管理するための予算などを支援 モニタリングのための人材や防疫管理を支援するため、まず41億ウォンを支援する。
ソウル市、仕事と生活の調和を保つために中小企業を支援

教育/女性/児童ニュース

ソウル市、仕事と生活の調和を保つために中小企業を支援

ソウル市は、ソウル市所在の中小企業を対象に、時間と場所に捕らわれず柔軟に業務を遂行できる「ソウル型スマートワーク」の試験事業を実施する。スマートワークとは、情報通信技術を活用して時間と場所に縛られずに業務を遂行する勤務形態で、フレックスタイム制、在宅勤務、モバイルワーク、スマートワークセンターなどを指している。 ソウル型スマートワークの試験事業の支援項目は、△ノートパソコンやモバイル機器などのデバイス貸し出し、△クラウドサービス基盤の協業ツールの構築、△シェアオフィスやバーチャルオフィスなどスマートワークセンターの利用、△スマートワークの導入・活性化に向けたコンサルティングおよび教育(計3百万ウォンまで支援)だ。企業が希望する項目について最大で2つまでサポートする。 ソウル市所在の中小企業約30社を対象に支援し、申請資格は△ソウル市所在(本社)の中小企業、△ワーク・ライフ・バランスに配慮するソウル型強小企業、△ソウル市ワークライフバランス支援センターのコンサルティング・教育に参加する企業、△MAINBiz認証企業のうち、1つ以上に該当する企業だ。 参加を希望する企業は7月13日(月)から7月24日(金)までソウル市ワークライフバランス支援センターのメール(swfcenter@seoulwomen.or.kr)に申請書および計画書を提出し、選定された企業は8月から12月までスマートワーク支援の特典を受けることができる。
ソウル市居住外国人労働者のための妊娠・出産・育児支援制度に関する英語ガイドブックを発刊

教育/女性/児童ニュース

ソウル市居住外国人労働者のための妊娠・出産・育児支援制度に関する英語ガイドブックを発刊

ソウル特別市西南圏ワーキングママ支援センター(以下、西南圏センター)は、韓国語が未熟な結婚移住民や外国人労働者に対して出産休暇・育児休職など母性保護及び仕事・家庭両立支援制度を紹介して活用できるよう、『妊娠・出産・育児期の労働者のためのガイドブック(以下、ガイドブック)』英語版を発刊した。 英語版ガイドブックの土台となった韓国語版ガイドブックは、2016年に初版を発刊して以来、関連法律の改正によって改正版を発刊してきた。2017年からは、ガイドブックの深化バージョン『妊娠・出産・育児期の労働者のためのガイドブックプラス(以下、ガイドブックプラス)』を発刊し、ガイドブックでは紹介されなかった書式作成法や実務上のよくある質問など、実用的な情報も掲載した。 西南圏センターが発刊したガイドブック、ガイドブックプラス、英語版ガイドブックは、ホームページ(www.gworkingmom.net)資料室のセンター発刊資料から無料でダウンロードできる。 なお、「ソウル特別市西南圏ワーキングママ支援センター」は、平日午前10時から午後5時まで、木曜日は午後8時まで夜間相談を実施している。訪問相談や電話相談の他にも、オンライン相談、カカオトーク相談が活性化されており、ワーキングママが便利な方法で相談できるようサポートしている。 ▢ ソウル特別市西南圏ワーキングママ支援センター概要 住所:ソウル特別市クムチョン(衿川)区カサンデジタル1ロ181 カサンWセンター312号 構成:公認労務士4名(センター長を含む)、企画協力チーム3名など計7名 機能:ワンストップ総合相談・連携情報、母性保護・労働権に関する相談、争い解決のための法律支援サービス、労働権教育、仕事・家庭両立のための職場文化改善支援サービスなどを提供 利用対象:ソウル市に居住中またはソウルを生活の根拠地とするワーキングママやワーキングパパなど 相談電話 02-852-0102 / 代表電話 02-852-0103 FAX 0505-842-0102 / E-mail workingmom0102@gmail.com ホームページ www.gworkingmom.net ブログ http://blog.naver.com/gworkingmom NAVER POST http://post.naver.com/gworkingmom Facebook https://www.facebook.com/gworkingmom Instagram https://www.instagram.com/gwmom0102 カカオトークチャンネル検索「서남권직장맘지원센터(西南圏ワーキングママ支援センター)」