Go to Main Content
T T

文化/観光

オンラインで鑑賞する「2020ソウル国際庭園博覧会」

文化/観光ニュース

オンラインで鑑賞する「2020ソウル国際庭園博覧会」

ソウル市は、2020年10月8日から18日までの11日間、オフラインではなかなかお目にかかれない海外の庭園専門家も参加する「オンライン・ソウル国際庭園博覧会」(Virtual SIGS 2020)を開催する。 当博覧会は、2015年に「ソウル庭園博覧会」という名前で初回が開催されて以来、参加範囲を海外にまで広げて国際的な庭園博覧会へと発展した。そして、華やかな見どころに重点を置いた他の庭園博覧会とは異なり、開催地域の各所に緑の庭園を造成・管理しつつ、市民も共に参加するという都市再生型庭園博覧会という新しい方向性を提示している。 しかし、2020年の博覧会は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止と市民の安全を守るため、会場での庭園の造成とイベント開催を2021年5月に延期。その代わり、オンラインによる非対面庭園文化プログラムを企画して、「緑の都市ソウル」づくりの歩みを引き継き進める予定だ。 今回のオンライン博覧会では、2021年5月開催予定の博覧会で展示する庭園を▲作品の説明付きでオンラインにて紹介する。また、オフラインではなかなか出会えない世界的に有名な造景・庭園専門家が参加する「2020国際庭園シンポジウム」および「路地庭園ウェビナー」などの▲国際カンファレンスや▲市民参加プログラムもオンラインで開催する。 まず10月8日から14日までの7日間は、国際庭園シンポジウム「ウイーク(WEEK)」が開催される。ここでは世界各国の庭園専門家の発表を通じて、都市の緑地化における公共庭園の役割について考える。2020年はオランダで有名なガーデンデザイナーのピート・オドルフ(Piet Oudolf)氏が基礎演説をする。 次いで10月15日には「都市再生、路地庭園づくり国際庭園ウェビナー」がオンラインで開催される。ここでは当博覧会をはじめ、世界各国の路地再生事業に関する事例などを紹介する。基調演説ではハーバード大学デザインスクールのNiall Kirkwood教授が「路地の活性化のための革新的デザイン」をテーマに発表する。 さらにソウル市は、2021年造成予定の存置庭園をオンラインで鑑賞できるプログラムを提供する。2021年5月開催予定の展示会で造成する招待庭園・作家庭園・学生庭園のデザインを、10月8日から18日までの11日間、2020ソウル国際庭園博覧会の公式YouTubeチャンネルにて順次公開する予定だ。 「2020ソウル国際庭園博覧会」は、公式YouTubeチャンネル(https://www.youtube.com/c/Seoulgardenshow)にて共有できる。詳細な内容については、2020ソウル国際庭園博覧会のウェブサイト(https://festival.seoul.go.kr/garden)にて確認できる。
偉大なハングルの価値を今一度振り返る「ハングルの日」

文化/観光ニュース

偉大なハングルの価値を今一度振り返る「ハングルの日」

2020年の10月9日は、574周年を迎える「ハングルの日」。ハングルは、世界的な碩学より『ハングルよりも優れた文字はない』という激賞を受けた文字です。600年の歴史を持つ貴重な文字、ハングルに関するストーリーをご紹介します。 ハングルの日とは ハングルの日の意義 ハングルの日イベント ハングルスポット ハングルの日とは ハングルを創製して世界に広めたことを記念して、ハングルの優秀性を称えるための韓国の祝日である。ハングルの製作原理が記された『訓民正音』は、国宝第70号に指定されており、1997年10月にユネスコ(UNESCO)の世界記憶遺産(Memory of the World)にも登録された。 ハングルの日の意義 セジョン(世宗)大王(朝鮮時代前期第4代王、在位:1418~1450)が訓民正音を創製して頒布するまで、韓国人には韓国語は存在したが、これを記す文字がなかった。過去、韓国人は韓国語を記録できる文字がなかったため、中国の漢字を借りて書いたり変形させて使用していた。これは不便なだけでなく、考えを正確かつ詳細に記すことができず、日常生活は無論のこと、文化発展において大きな妨げとなっていた。 このような妨げを除くため、セジョン(世宗)大王は『訓民正音』を創製して、一般の民が使用できるようにした。日本による植民地時代の末期、韓国語抹殺政策によって大きな危機に面したが、植民地からの解放とともに韓国語とハングルを思う存分教育して学べるようになり、今日に至った。韓国政府は、ハングルの日を国の祝日に指定して、ハングルの創製とその優秀性を称えている。 ソウル市、ハングルの日を迎えて「訓民正音解例本ストーリー」を展示 ソウル市は、ハングルの日を迎えて、ハングルの創製原理と使用法が記された「訓民正音解例本ストーリー」を、9月28日から10月18日までソウル図書館の外壁に展示する。 訓民正音解例本ストーリーは、『訓民正音解例本』を最初に直接見て解説したセジョン(世宗)国語文化院長が構成した。インフォグラフィックも同時に見ることができ、『訓民正音解例本』の価値とハングルの歴史を楽しく理解するのに大変役立つことが予想されている。 『訓民正音解例本』は、セジョン(世宗)大王がハングルをなぜ創製して、どのようにつくったのかを詳細に説明する本である。一つの文字がどのような原理によってつくられ、それをどのように使用すれば良いのか、また発音の仕方なども細かく説明している。 ハングルの日におすすめのハングルスポット 1. セジョン(世宗)大王記念館 セジョン(世宗)大王の一代記室・ハングル室・科学室・特別展示室で構成されており、ハングル関連の文献約600種類などの遺物と資料を見ることができる。記念館の外には、セジョン(世宗)大王神道碑(宝物第1805号)、チョンゲチョン(清渓川)水標(宝物第838号)などが展示されている。 住所:ソウル市トンデムン(東大門)区フェギロ56 電話:+82-2-969-8851 開館時間:9:00~18:00(毎週月曜日は休館) 入場料:大人3,000ウォン、青少年1,500ウォン 2. ハングル・カオンギル ハングル・カオンギルは「ハングル中心通り」という意味の韓国固有語で、ハングルの歴史や隠れたストーリーが詰め込まれている通りである。 住所:ソウル市チョンノ(鐘路)区セジョンロ(地下鉄5号線クァンファムン駅8番出口周辺) 3. 世宗物語 クァンファムン(光化門)にあるセジョン(世宗)大王銅像の裏側には、特別なスペースへつながる入口がある。そこは、世宗物語の展示館だ。ここでは、セジョン(世宗)大王の家族関係、品性、趣味など「セジョン(世宗)という人間」を知ることができる展示から、ハングル創製、科学、芸術に関する業績まで見ることができる。 住所:ソウル市チョンノ(鐘路)区セジョンデロ175 電話:+82-2-399-1176 開館時間:10:00~20:00(毎週月曜日は休館) 入場料:無料 4. 国立ハングル博物館 国立ハングル博物館は、ハングルについてのすべてに出会えるスポットだ。興味をそそるハングル関連資料や展示物が飾られており、セジョン(世宗)大王の業績を現代美術で新しく解釈した作品を見ることができる。外国人のためのハングル学び舎も設けられている。 住所:ソウル市ヨンサン(龍山)区ソビンゴロ139 電話:+82-2-2124-6200 ホームページ:www.hangeul.go.kr その他にも、10月5日~10月11日まで、「2020ハングルウィークイベント」がオンラインで開催されており、ホームページにアクセスすると詳細を確認することができる。 ホームページ:http://www.hangeulweek.co.kr/kr/index.php
「2021 S/S ソウルファッションウィーク」が10月20日に開幕

文化/観光ニュース

「2021 S/S ソウルファッションウィーク」が10月20日に開幕

韓国のファッションを世界に知らせるソウル市主催のイベント「ソウルファッションウィーク」(2021 S/S ソウルファッションウィーク)が、10月20日(火)から25日(日)までの6日間、初めて試みる「DDPデジタルランウェイ」として非対面式で開催される。非対面時代を迎え、これまでのファッションショーの枠を超えた実験的な方法で「Kファッション」を全世界に知らせるとともに、ファッション界においても、世界のデザイン市場をリードするという目標を立てている。 またファッションショーで披露された作品を、当日オンラインで購入できる「シーナウ・バイナウ(SEE NOW BUY NOW)」も初めて取り入れる。今回のファッションショーやライブコマースは、中国の大人気メッセンジャーアプリである「WeChat」と韓国最大の検索ポータルである「NAVER」などグローバル非対面プラットフォームを通じて全世界の人々に紹介される。本イベントの内容は、「WeChat」や「NAVER」をはじめ、ソウルファッションウィーク公式ホームページ(http://www.seoulfashionweek.org)、YouTube、トンデムン(東大門)デザインプラザ(DDP)公式YouTubeチャンネルを通じて見ることができる。 ソウル市は、非対面式で行われるソウルファッションウィークの「DDPデジタルランウェイ」を、ポストコロナ時代に向けてデザイナーブランドが踏まえるべきコレクションの表現と発表の変化を実験する場にしたいと語った。さらに、最先端デジタル方式でKファッションの躍動性と独創性を最大限に表現し、Kファッションの世界化を加速化させる良い機会にしたいと述べた。
ソウル市、ソウルパムトッケビナイトマーケットをオンラインで開催

文化/観光ニュース

ソウル市、ソウルパムトッケビナイトマーケットをオンラインで開催

ソウル市の代表的なイベントである「ソウルパムトッケビナイトマーケット」が、新型コロナウイルス感染症の影響によりオンラインで消費者と出会う。ソウル市は2020年9月28日から年末まで、オンラインマーケットプラットフォーム「idus(www.idus.com)」で「ソウルパムトッケビナイトマーケット×idus企画展」を開催する。 ヨイド(汝矣島)、パンポ(盤浦)、チョンゲチョン(清渓川)、トンデムン(東大門)デザインプラザ(DDP)などで開かれていたソウルパムトッケビナイトマーケットが、新型コロナウイルスの感染拡大により外部での開催が難しくなり、まずはオンライン販売が可能な製品から消費者と出会えるように場を設けた。 今回のオンライン・ソウルパムトッケビナイトマーケット企画展の出店作家は計100チーム。企画展では手工芸の貴金属製品、ヘアアクセサリーなどのアクセサリーやデザイン用品だけではなく、生活用品など様々な分野の作家のアイデアが反映された特化商品を多数販売する。 企画展は12月末まで計10回にわたって行われ、idusのホームページまたはスマートフォンアプリにアクセスすると確認できる。今回のオンラインマーケットに関する具体的なスケジュールや内容は、ソウルパムトッケビナイトマーケットのホームページ(www.bamdokkaebi.org)から確認できる。